■お子さんの教育ローンをご検討中の方へ


「教育ローン@解説NAVI」へお越し頂きありがとうございます。当サイトでは"教育ローンの比較・金利・審査・お勧め、JA・労働金庫・郵便局・銀行の各種教育ローンなどをご紹介しています。関連情報をお探しの方は是非ご参考下さい。

教育ローンの利用を考えるなら、まずは、公的機関の教育ローンの利用を考えることになるでしょうが、融資の条件や、融資の金額によっては、他の教育ローンも検討することになります。自分が利用しているメインバンクか、それ以外の銀行や信用金庫、JAバンクなどでも教育ローンを扱っています。また、会社で労働組合に加入しているのなら、労働金庫(ろうきん)の教育ローンも利用できます。

大抵の教育ローンは無担保型ですが、不動産担保型の教育ローンもあります。ただ、不動産担保型の場合、金利は低いのですすが、抵当権設定などの手続きに時間が掛かるため、早急に融資を受けたい人には不向きです。

教育ローンの最長借入期間はだいたい10年で、借入上限額は300万円程度までです。銀行系の教育ローンでは、繰上返済が可能な場合も多いものです。教育ローンの返済方法は、在学中に金利返済のみにし、元金返済は卒業後まで据え置くことができるものがほとんどです。この方法だと、在学中は親が金利を返済し、卒業後は本人が働いて元金を返済する、ということができ、それだけ親の負担も減ることになります。

気になるのは金利でしょうが、銀行など金融機関では、春の入学シーズンなどに金利優遇キャンペーンを行っている場合があるので、ホームページなどで確認すると良いでしょう。また、金利は固定型金利か、変動型金利か、どちらが有利か、ということもありますが、変動型金利のほうが、固定型金利よりも安く設定してあるので、変動型の金利の方がよいのでは、と考えがちです。ただ、返済を短期で終わらせることができれば変動金利でも良いのですが、世の中の情勢で金利が高く変わってしまった時には返済額がかなり高くなることも予想されます。このため、固定型金利を選んでおいた方が、安心といえます。

現代の日本の家庭環境では常識とも言える教育ローンについてですが各種プランの概要や金利・審査のポイントなど予備知識は多いに越したことはありません。当サイトは右側のメニューから教育ローンに関する様々なテーマを解説しています。教育ローンをご検討中の方は是非各ページをご参考下さい☆

■本サイト人気コンテンツ


★ 教育ローンの金利比較
教育ローンの利用を考える際、やはり金利が一番の気がかりでしょう。固定型金利と変動型金利のどちらを選ぶかということになると、どうしても変動型の方が金利も低いし・・・ 続きを読む

★ JAバンクの教育ローン
教育ローンの融資を受けられる金額は最大500万円までで、高校、大学等の入学金、授業料の他、下宿代など教育に関わるいろいろな事に利用できます。融資期間は、・・・・ 続きを読む

★ 銀行の教育ローンについて
融資額は無担保ローンで500万円以内が多く3000万円以内の有担保ローンを取り扱っているところもあります。金利は固定金利と変動金利が選べたり住宅ローンや給与振込・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 教育一般貸付について
★ がくゆうローンについて
★ おすすめの教育ローンは?
★ 申し込みの際の注意点
★ 教育ローンの元金据置返済

■ローン関連最新ニュース