■おすすめの教育ローンは?


教育ローンを選ぶには、できれば金利が低い公的ローンを選びたいものですが、条件に合わず利用が出来ない場合もあります。そんな時には、やはり民間の金融機関の教育ローンを利用することでしょう。民間の金融機関の教育ローンは、無担保で連帯保証人が必要無い、と言う所が多いので、利用しやすく、また、受験や入学シーズンには、金利優遇キャンペーンを行う金融機関が多いものです。この金利優遇キャンペーンを利用することで、低金利で借りる事が出来ます。

例えば、りそな銀行の教育ローンの例で見ると、りそな銀行の教育ローンは無担保で変動型金利です。融資条件は、・借入時に満20歳以上満66歳以下で完済時に満75歳未満の方。・前年の税込み年収が200万円以上の方。・勤続年数・営業年数が1年以上の方。このようになっています。利用しやすいのが、銀行系の教育ローン、というわけでしょう。

これ以外、「こども保険」という学資保険も知っておいた方が良いでしょう。こども保険は、子供の進学時期に合わせて、祝い金などが支払われるなど、結構利用価値があります。また、保険なので、保護者と子供の両方に保障が付きます。こども保険は、貯蓄の目的と保障の目的と両方につかえます。ただ、低金利なので、それほどの貯蓄にはなりません。商品によって戻ってくる額も変わります。各保険会社で扱っているので、いろいろ比較して検討してみるべきでしょう。

例えば、アフラックの子供保険があります。アフラックの子供保険は、母親のお腹の中にいる事を証明し確認できれば加入が認められます。また、子供保険の満期は、高校進学時の15歳と大学進学時の18歳に設定されています。18歳で給付される学資払戻金を、100万円〜800万円までの間で10万円単位で設定する事が出来ます。進学する高校、大学によって、かかる費用が異なりますが、満期に戻ってくる金額と、かかる保険料とを比較し、家計に合うプランを選択すれば良いでしょう。

■本サイト人気コンテンツ


★ 教育ローンの金利比較
教育ローンの利用を考える際、やはり金利が一番の気がかりでしょう。固定型金利と変動型金利のどちらを選ぶかということになると、どうしても変動型の方が金利も低いし・・・ 続きを読む

★ JAバンクの教育ローン
教育ローンの融資を受けられる金額は最大500万円までで、高校、大学等の入学金、授業料の他、下宿代など教育に関わるいろいろな事に利用できます。融資期間は、・・・・ 続きを読む

★ 銀行の教育ローンについて
融資額は無担保ローンで500万円以内が多く3000万円以内の有担保ローンを取り扱っているところもあります。金利は固定金利と変動金利が選べたり住宅ローンや給与振込・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 教育一般貸付について
★ がくゆうローンについて
★ おすすめの教育ローンは?
★ 申し込みの際の注意点
★ 教育ローンの元金据置返済