■がくゆうローンについて


教育ローンでも、会社勤めをしている人向けの、がくゆうローンというものがあります。「財形教育融資」が正式名称で、独立行政法人雇用・能力開発機構が取り扱っています。財形貯蓄をしている人が、財形貯蓄の残高に応じて進学資金、就学資金の融資を受けられる制度です。財形貯蓄は、サラリーマンが、毎月の給料から天引きで積み立てる「勤労者財形形成貯蓄」と言われるものです。勤務先の企業がこの制度を導入しているかどうか勤務先に確認してみて、加入しているなら、利用を検討してみることでしょう。

融資の対象になる学校は、高等学校、高等専門学校、短期大学、大学、大学院、専門学校など、ほとんどの学校です。海外の学校も対象になっているので、留学費用にも使えます。融資の対象となる資金は、入学金や就学にかかる学費の他にも、受験料や受験のためなど、利用範囲も広いものです。条件として、連帯保証人が1人以上、もしくは、保証会社の保証が必要です。日本政策金融公庫等が融資する教育資金との併用も、融資資金の使い途が異なれば可能です。例えば、前期授業料は日本政策金融公庫から借り受け、後期授業料は財形教育融資を利用する、といったことができます。

融資額は、財形貯蓄の残高の5倍以内で、10万円以上450万円までの実際の所要額以内となっています。金利は平成21年4月現在、固定金利で年2.19%で、返済期間は10年以内です。離職、転職等を余儀なくされたことに伴い、前年度に比べて収入が減少し返済が困難と認められる場合には、返済期間を延長するなどの返済方法の変更ができます。

申し込みは業務取扱店で行えます。申し込みは、借入申込書を業務取扱店の表示がある金融機関か都道府県センターで入手して記入の上、必要書類を揃えて申し込みます。

■本サイト人気コンテンツ


★ 教育ローンの金利比較
教育ローンの利用を考える際、やはり金利が一番の気がかりでしょう。固定型金利と変動型金利のどちらを選ぶかということになると、どうしても変動型の方が金利も低いし・・・ 続きを読む

★ JAバンクの教育ローン
教育ローンの融資を受けられる金額は最大500万円までで、高校、大学等の入学金、授業料の他、下宿代など教育に関わるいろいろな事に利用できます。融資期間は、・・・・ 続きを読む

★ 銀行の教育ローンについて
融資額は無担保ローンで500万円以内が多く3000万円以内の有担保ローンを取り扱っているところもあります。金利は固定金利と変動金利が選べたり住宅ローンや給与振込・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
★ 教育一般貸付について
★ がくゆうローンについて
★ おすすめの教育ローンは?
★ 申し込みの際の注意点
★ 教育ローンの元金据置返済